MENU

ワキ脱毛の自己処理によるトラブル

両ワキは脱毛部位の中でも面積が少なく、比較的簡単にムダ毛の処理をすることができます。

 

またドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで毛抜きやシェーバーといった自己処理グッズが購入しやすいため、自己処理も手軽です。

 

ただ、このような道具を使った自己処理を続けると肌トラブルの原因になる可能性があるので、十分な注意が必要です。

 

シェーバーによる自己処理は大変スピーディーで便利ですが、お肌にとっては大きな負担になりかねません。

 

カミソリの刃が、程度の差こそはあれどお肌を傷つけてしまうからです。傷んだ部分にメラニン色素がたまり、黒ずみや色素沈着になってしまうケースもあります。

 

こうしたお肌へのダメージを防ぐためには、シェーバーを使って何度もお肌を往復しないようにとすすめられています。

 

もちろんダメージが完全になくなることはありませんが、肌に対するストレスをかなり減らすことが可能です。入浴中にシェービングをするときにも同じことが言えるようです。

 

次に、毛嚢炎ですが、毛嚢炎(もうのうえん)とは毛穴に雑菌が入り、その部分に炎症が発生したり膿がたまったりする症状を指しています。

 

雑菌が侵入した部分が赤くなって目立つ

 

こともあります。そして毛嚢炎の第一原因となるのは、カミソリや毛抜きを用いた自己処理です。特に雑に処理すればするほど雑菌が侵入しやすくなるので、丁寧なケアが必要になるでしょう。

 

万が一、毛嚢炎が発生しても自然と治癒するのが唯一の救いですが、中には頑固なものもいます。自然に治る様子がなければ皮膚科で相談しましょう。

 

また、自己処理を繰り返していると毛の方でもそれに気づき、我が身を守ろうと皮膚の奥深くに入ってしまうことがあります。これが埋没毛と言われる肌トラブルです。両ワキにも多くみられる症状です。

 

その部分の角質ピーリングをして埋没毛を肌の表面に出すという方法もありますが、こうなったらいったん自己処理をやめ、プロの手を借りることを検討する方が良いでしょう。