MENU

埋没毛・黒ずみの原因と対策

脱毛や剃毛など、今は自宅で簡単にムダ毛の自己処理ができるようになりました。しかしその分、トラブルも増えています。

 

ムダ毛処理で起こりやすく、もっとも厄介なトラブルと言えば「埋没毛」です。

 

埋没毛は処理をする際に肌や毛穴周辺が傷つき、角質が厚くなることなどで毛穴が塞がってしまうことが原因で起こります。

 

毛穴やワックスで無理に抜いたり、カミソリで強く逆剃りをしてしまうと起きやすくなるそうです。毛穴が塞がると次に生えてくる毛が皮膚を突き破って表面に出てくることができず、

肌の中で成長

してしまいます。その結果毛穴が黒く見え、肌もザラザラした状態になってしまうのです。

 

また毛が埋まることで黒く見えるだけではなく、正常に毛が成長できないことで炎症を起こしてしまうこともあり、色素が沈着してしまい黒ずみが消えなくなってしまうこともあります。

 

そんな埋没毛の状態にならないようにするには、ムダ毛を処理した後のケアがとっても重要です。

 

脱毛や剃毛後は肌が乾燥しやすくなり、それが余計に状況を悪化させます。

 

だからこそ、最も手軽にできるケアとして、保湿は欠かすことができないものなのです。しっかり保湿をして肌の水分を保つことで、肌は健康に生まれ変わります。

 

お肌が生まれ変われば埋没毛の原因の一つである古い角質も自然と落とされ、トラブルを起こす確率をぐっと下げることが可能です。特にカミソリで処理をした後は肌が乾燥しやすいので、

念入りに保湿する

ことをおすすめします。そしてもし埋没毛になってしまった、毛穴のブツブツが気になるようになってしまったと言う時は、硬くなった皮膚を柔らかな状態に戻すためにスクラブでのマッサージが効果的です。

 

肌表面に傷がない、炎症が起きていないのであれば、一度古い角質を落とすためにもスクラブ入りのローションなどを使ってみるといいでしょう。

 

ただ使いすぎるとやはり乾燥の原因になり、埋没毛が余計にできやすくなってしいますので、適度に、そしてこの場合も保湿を欠かすことのないよう気を付けて下さい。