MENU

ワキ毛のカラーリングについて

私たちが住んでいる日本では、女性のムダ毛のケアは当然とされています。

 

しかし、ちょっと海外に目を向けてみると、両ワキ脱毛に違う考えを抱いている国々があるようです。

 

最近、アメリカのスタイリストが自身のワキ毛をカラーリングした画像を公開し、大きな反響を呼びました。

 

剃っていて当然と思われているワキ毛をふさふさと生やしたうえにカラフルに染めてしまうなんて、日本人だけでなく他の国々の人にとってもショッキングだったようです。

 

ワキ毛をカラーリングするなんて日本では考えられない行為ですが、そういえばあのマドンナもワキ毛を剃らずに伸ばしていました。

 

どうやら、日本と世界とではワキの脱毛への考え方に大きな違いがあるみたいです。ですが、今回ワキ毛を勇敢にもカラーリングしたスタイリストの方も、何も奇をてらっていたわけではないようです。

 

皆が皆ワキ毛を一生懸命脱毛する中、「女性なら誰もがワキの毛を処理しなければいけない」という通念を一度考え直し、個性を発揮してはどうかというメッセージだったと言うのです。

 

特に日本人女性に向けられたメッセージだとご本人も話しています。海外ではワキ毛を処理しない国々もあります。

 

世界のワキ毛事情ですが、中には日本ほど一生懸命に処理をしないどころか全く処理をしない国々も実はたくさんあるのです。中国が最も有名な例ですが、

 

欧米でも両ワキのムダ毛を剃っていない女性はなかなか多い

 

と聞かれています。それにしても、パワフルでセクシーなパフォーマンスを披露することの多いあのマドンナが処理をしていないとは驚きですね。

 

逆に欧米の女性たちにとってはデリケートゾーンの脱毛にそれほど執心していない日本人女性の方が驚きなのだそうです。

 

彼らにとっては生えっぱなしのデリケートゾーンのムダ毛は不衛生であり、ちょっとグロテスクに映ってしまうからです。所変われば品変わる、要するに文化的な違いがあるのかもしれませんね。