MENU

医療レーザー脱毛の仕組みと効果

脱毛ケアは脱毛エステサロンだけでなく、病院やクリニックなどの医療機関でも行うことができます。

 

しかし「病院」と聞くとやっぱり怖いイメージがあるためか、クリニック脱毛についてはあまり知られていないのが現状です。

 

そこで今回の記事では、クリニック脱毛で採用されている医療レーザー脱毛の効果や仕組みについて解説いたします。

 

医療レーザー脱毛の効果についてですが一般的な医療レーザー脱毛の効果はエステでのフラッシュ脱毛よりも高いとされています。

 

その理由は医療レーザーに使用される光や熱の出力がフラッシュ脱毛のそれよりもはるかに大きいことにあります。強力であればあるほど脱毛の効果も高くなるのです。

 

そのため医療レーザー脱毛を導入しているクリニックでは、ほとんどのエステサロンで実現不可能な「永久脱毛」にも対応しています。ほぼ100%ムダ毛が再発してこないような施術をすることができます。

 

さらに強力なレーザー光線を使うため、

 

施術のスピードが速く通院する回数も少ない

 

のが魅力的です。医療保険が適用されない分施術費は高額になるものの、手間がかからないので忙しい人にはおすすめです。

 

そして、医療レーザー脱毛の仕組みですが、フラッシュ脱毛よりも脱毛効果が格段に高く、スピードも速いと言われているクリニック脱毛あるいは医療レーザー脱毛ですが、メカニズム自体はサロン脱毛とさほど変わっていません。両方とも強力な光や熱を

 

ムダ毛の毛根のメラニンに反応させ毛根を破壊

 

することによりムダ毛をなくしていきます。その上で両者の最大の違いは、光線の出力の差です。レーザー脱毛の方がはるかに強力な光や熱を用いています。

 

強力である分一歩間違えると事故につながる可能性もあることから、一定の資格を有したドクターのみが扱えるようになっているのです。

 

中には強力なレーザー光線に耐えられず肌トラブルを起こしてしまう人もいますが、担当ドクターのほとんどが皮膚科診療のプロでもあるので安心できます。