ワキ脱毛 渋谷

脱毛と女性ホルモンの関係

 

女性ホルモンが大いに影響する体毛

私達の体毛は、女性ホルモンが大いに影響しています。若いうちは、ムダ毛が薄くなればいいと思うものですが、年齢を重ねると薄毛が気になりだすことも少なくはありません。ここでは、脱毛と女性ホルモンの関係についてまとめました。

 

脱毛では、ホルモンのバランスを考えて行かなければなりません。実際に、エステサロンのフラッシュ脱毛やクリニックでのレーザー脱毛では、ホルモンバランスが乱れる頃の脱毛を禁止していることが多いです。

 

ホルモンバランスが乱れる時期というと、1ヶ月に1度の生理中、妊娠中、授乳中などです。

 

また、お酒を飲んだ後、精神的に不安定なときなど、脱毛に関して注意を受けることも少なくはありません。女性ホルモンが乱れているときには、肌が敏感になりやすいです。

 

 

肌トラブルが引き起こされやすく、肌荒れ、乾燥、赤みなどが生じやすいです。


生理中のVIOのデリケートゾーンは衛生的ではない

 

また、生理中のVIOのデリケートゾーンは、想像できる通り衛生的とはいえませんし、施術される側も嫌ですが、肌が柔らかくデリケートな部位であり、衛生面を保つためにも脱毛を禁止せざる終えません。

 

そして、ホルモンバランスが乱れているときには、脱毛の効果がでにくいです。折角ムダ毛の処理をしているのに、正しくムダ毛の処理ができなければ意味がありません。女性ホルモンが多い人は、ムダ毛が薄く目立ちにくいです。

 

ムダ毛に個人差があるのは、ホルモン量のバランスが大きく影響しています。女性としては

 

 

女性ホルモンを増やす日常生活を送ることがムダ毛の観点でも美容に繋がっているといえます。


 

その為には生活習慣を整えること、精神状態を落ち着けることが大切です。また、女性ホルモンと似た作用がある成分大豆イソフラボンを積極的に摂取するのも有効的です。

 

大豆から作られる納豆、豆腐、きなこ、豆乳などを積極的に食事に取り入れましょう。肌ケアに豆乳入りのローション、クリーム、ジェルを使うのも大変効果的です。

 

女性のムダ毛には、女性ホルモンの影響が大いに関わっています。多くの女性にとって、女性ホルモンの役割はとても大切といえます。

page top