MENU

年齢と体毛の関係

思春期を迎える頃になると、女の子も男の子も、これまでとは違った場所に毛が生えてきます。

 

また、腕や脚のムダ毛が濃くなり、より目立ってきますよね。脱毛をしてムダ毛がない人を除き、人間なら誰しも体毛が生えています。

 

しかし、生え方や濃さなどは年齢や性別、体質などに合わせてそれぞれです。

 

ここでは、年齢と体毛の関係などについて見てみましょう。男性でも、女性でも、思春期の頃にムダ毛が濃くなります。

 

この理由は、思春期の頃に男性ホルモンの分泌が盛んになり、身体の発達が進むからです。

 

体毛は、男性ホルモンの影響が強く現れます。男性ホルモンは「テストステロン」、女性ホルモンは「エストロゲン」が代表的です。体毛が増える以外にも、

体形の変化、男性の声変わり、女性の月経

など、男女差が広がる理由のひとつです。このホルモンは思春期の第二次成長期をむかえる頃に分泌量が増えます。人によっては成長期の頃に一時的にムダ毛が増える場合もあるでしょう。

 

一方で、ホルモンが減る中高年の頃になると事情が異なります。男性は薄毛に悩まされ、女性は更年期に悩まされ閉経を迎えます。

 

こういったホルモンバランスの影響により、女性は妊娠や出産の頃に体毛が濃くなったり、薄くなったりします。体毛は年齢以外によっても影響が現れることがあります。

 

テストステロンの分泌を多くするような生活習慣や、心の乱れが体毛を増やす要因です。例えば、

ストレスはテストステロンを増やす要因

です。イライラとした気持ちや、ストレスがかかるような生活が続けばムダ毛が濃くなります。また、肉食の食生活なども男性ホルモンを増やします。

 

体毛はライフスタイルによっても変化をしてしまうので注意しましょう。体毛は、男性ホルモンの分泌にあわせて濃くなったり薄くなったりします。

 

年齢の影響で、思春期の頃はムダ毛が濃くなりがちです。また、男性ホルモンの分泌を促すような生活習慣を改めるだけでも、長い目で見たときにムダ毛の生え方が変わってきますよ。